台湾旅行

台湾旅行/宿泊エリア別・2泊3日のモデルコース公開します!

この記事は1年半の間に5回、台湾を訪れた私の宿泊エリア別のモデルコースをお見せしたいと思います。

2泊3日で全て個人で手配し、旅行日程も自分達で考えながら立てていきました。

決してすべてが満足できる内容ではありませんでしたが、毎回台湾を楽しめています。

台湾に限らずアジア旅行だと、旅行会社のツアーというよりも個人でANAの「旅作」とか、「Expedia」あたりで航空券とホテル予約をセットでとってしまう事のほうが多いと思います。

ただ、予約をとったはいいですが、実際のスケジュールをどう立てるかで面倒になってしまう事はありませんか?

もちろん、「るるぶ」や「まっぷる」等に掲載されているモデルコースをそのままパクるのもありです。

でも私達の場合はなにかしっくりこなくて、参考にはしましたがやはり自分達のフライト時間や宿泊エリアをもとにスケジュールを立てていきました。

迷って時間を無駄にしないように、毎回MRTの乗車駅、降車駅、何という名の線か、乗換駅は、など出来るだけ細かく予定表を作ります。

今回の内容は、私達のように中高年になってから初めて台湾旅行の予定を立てられる方の、モデルコース作りのお役に立てたらと思って書いてみたいと思います。

もう台湾なんか目をつぶっても旅行出来ますぜ!という諸先輩方には「このひよっこが!」と思っていただいて構いません。(笑)

宿泊エリア別にお話ししていきますね。

台湾は有給を上手く使って2泊3日で行きましょう!

まずはどれくらいの日数があれば台湾って楽しめるのでしょうか。

雑誌やブログでは3泊4日は欲しいという内容が多いと思います。

もちろん、多ければ多いほどいいでしょう。

でも、私のような普通のサラリーマンですと有給2日連続取ることは結構、気が引けます。

自分の仕事のだんどりもありますが、それよりも自分の休み中に職場の仲間に代わりにしてもらう事のだんどりのほうが面倒なんですよね。

というわけで、私達が実際にやっているのは土日に有給1日をプラスした2泊3日のほぼほぼ弾丸旅行です。

2泊3日、有給をとるなら金曜日?それとも月曜日?

私は大体、土日月の並びが多いです。

また、この並びをおすすめします。

2泊3日の予定だと2日目がメインであることはわかりやすいと思います。

なので、2日目は平日の有給日ではなくもともと休日である土曜日か日曜日がベストです。

では、有給を月曜日にするか金曜日にするかですが、私は月曜日にするパターンが多いです。

理由としては、最終日よりも1日目を大事に使いたいからです。

1日目と最終日のどちらを重要視するかで判断した場合、私は1日目に価値を置いています。

となると、金曜日に有給を取ると会社の電話はつながらないものの仕事の電話が入っているんじゃないか、と不安になります。

これではせっかくの旅行も楽しくありません。

1日目は意外と大きな観光地を1つ入れていますし、なにしろ旅のスタートですからね。

対して、最終日はメインの観光も入れていませんし、もう既に日曜日の夕方のように半分仕事モードになっちゃっていますので・・(-_-;)

つまりは同じ仕事関係の不安を抱くなら初日よりも最終日、最終日は気持ち的に捨ててもよし!という割り切りが出来ます。

2泊3日でも台湾はじゅうぶん楽しめます!

結論から言いますと、2泊3日で全然楽しめます。

これはここ1年半で5回台湾に旅行した経験上、自信を持って言えます。

もちろん3泊4日でいければベストですが、2泊3日でも上手く準備すればじゅうぶん台湾を満喫できます。

私達の場合、羽田空港⇔台湾松山空港はこれまでの5回は次の2パターンでした。

田→松山 9時20分→12時30分 10時05分→12時30分

松山→羽田 16時50分→20時40分 16時45分→20時50分

多少の誤差はあるものの、初日に台湾にはお昼過ぎに到着し、最終日は15時くらいに松山空港に戻って羽田空港には日本現地時間で21時前には到着するというフライト時間です。

どうですか?

台湾はそれほど広い国ではありません。

特に一般的な観光であれば台北がメインとなりますので、昼に到着出来れば、初日からかなり観光は出来ます。

最終日も、15時までに松山空港に戻れればいいわけです。

しかもこれ、結構余裕を持った時間です。

大体、台北市街のホテルであればタクシーでもMRTでも1時間はかかりません。

私達の経験からするとタクシーで30分程度、MRTでも40分くらいだったと感じます。

これなら、最終日も午前中に1つ観光して、ホテルに預けた荷物を取りに帰るまでに台湾での最後の昼食もしっかり食べられると思います。

夜の台北101も素敵です

2泊3日の良いところは会社に気を遣わずに気軽に海外に行けるところです!

どうですか?

だんだん2泊3日で台湾に行きたくなってきたでしょう。(笑)

そうなんですよ。

何も会社に気を遣って、

私「有給2日連続で取りたいんですけど・・」

上司「えっ、2日も?うーん、だんどりと売上はしっかりしといてよ!」

などと、いやーなやり取りをしなくても済みます。(笑)

台湾は2泊3日でも大人が楽しめる素敵なところです。

もっと言えば、また台湾に行きたくなります。(笑)

もっともっと言えば、台湾に来た時に「帰ってきたね!」と思うようになります。

私達夫婦は、沖縄でもこうなっています。(-_-;)

2泊3日を楽しむには事前準備が大切です!

さて、これまで2泊3日でも台湾旅行は楽しめますよ、というお話をしてきました。

でも、何も予備知識も事前準備もなしに、いきなり台湾松山空港に到着したとしてもただただ途方に暮れるだけです。

やはり、旅を楽しむ為には「事前準備」が必要です。

これだけは、面倒でも絶対しなくてはいけません。

もちろん、行き当たりばったりで何が起きるかわからない、だから旅って楽しいじゃん!

という時間の余裕があり、旅のプロのような方は別ですが、私達が今から行こうとしているのはあくまでも普通のサラリーマン家族が決められた短い日数でどれだけ台湾を満喫出来るかというものです。

なので、やはり「事前準備」は重要で、なかでも「行程表」は必須です。

「行程表」は必須アイテム、面倒でも自作しましょう!

これだけは、面倒がらずに土日にでも作っておきましょう。

私達の場合は、家族の希望を聞きながら私がお手製の行程表を作ります。

特にテンプレなどは使わず、単純にエクセルで作っていきます。

そのほうが、何か味があると思うので。

実はこの行程表の作成には結構時間がかかります。(-_-;)

私の場合ですと、まるまる1日はかかります。(笑)

やはり、路線を調べたり、目的地までの所要時間を調べたり、お店を調べたり、とそういったリサーチするのに時間がかかります。

ただ、これが重荷かというとそうでもないのです。

こうして、あれこれ空想しながら、家族の行きたいところを聞きながら、調べ物をして一歩一歩、行程表を作っていく作業自体がもう「旅の始まり」なんです。

だから、面倒でも家族みんなを巻き込んでぜひ、「行程表」を作ってください。

 

これから私達が実際に行動した行程表(モデルコース)を紹介します。

素人なりに、毎回奥さんや娘の願望も取り入れながら出来るだけ無理のないスケジュールを立てているつもりなのですが、反省すべき点も多々ありました。

なので、あくまでも参考程度に見てもらえればと思います。

私達と同じように、50代になってから個人で台湾に行く予定のある方の少しでもお役に立てたら幸いです。

宿泊エリア別 2泊3日実際のモデルコース

では、私達の実際の行程です。

多少は、記憶違いがあるかと思いますが大体合っています。

まずは、台北エリアに宿泊した場合からご覧ください。

台北駅エリア(パレデシンホテル)

1日目 羽田空港 10時05分離陸 台湾松山空港 12時30分着陸

ホテル 空港13時⇒ホテル13時40分 タクシー利用(約30分)
九份 ホテル14時⇒九份14時40分 タクシー利用(約40分)
九份17時 ⇒ホテル18時  タクシー利用(約60分)
士林夜市 台北20時⇒劍潭20時20分 MRT淡水信義線
ホテル 劍潭22時⇒台北22時20分 MRT淡水信義線

空港からホテルまでは当初はMRT松山機場駅(文湖線)⇒忠孝復興駅(板南線乗換)⇒台北駅、で行く予定だったのですが、なるべく時間を有効に使いたいと考えたタクシーにしました。

結果、台北に来た時は全て空港からはタクシーを利用しています。

安いし早いです。

九份へのアクセスも同じ理由ですが、かなりスピードを出しますので車酔いに注意です。

タクシー代は大体4000円くらいだったと思います。

帰りは行きよりも渋滞で時間はかかりますがそれでもバスや電車を考えると楽です。

2日目 有名行列店で朝食

阜杭豆漿(朝食) 台北8時30分⇒善導寺(5番出口)MRT板南線
中正紀念堂 善導寺⇒台北(淡水信義線乗換)⇒中正紀念堂10時30分
台北101 中正紀念堂⇒台北101 12時 MRT淡水信義線
鼎泰豊101店(昼食) 14~15時
愛玉之夢遊仙草(甘味) 台北101⇒信義安和 16時 MRT淡水信義線
台北駅周辺散策 信義安和⇒台北 MRT淡水信義線
李製餅家PPケーキ 中山駅まで徒歩で散策 2番出口 土産購入
ホテル 19時30分

2日目はもう少し早くホテルを出る予定だったのですが、起きられませんでしたね。

昼食の鼎泰豊が遅い時間になりビールも飲んでしまったので夜の夜市の予定はキャンセルしました。

この時は初めての台湾で八角の臭いにやられて体調を崩していたので、すみません、あまり参考になりませんね。(-_-;)

3日目 ホテルのビュッフェで朝食 

龍山寺 台北⇒龍山時 8時30分 MRT板南線
龍山寺周辺散策 9時~10時30分  地元店で軽食
西門散策 龍山寺⇒西門 10時45分 MRT板南線
鼎泰豊本店(昼食) 西門⇒中正紀念堂  MRT松山新店線
中正紀念堂⇒東門11時30分 MRT淡水信義線
ホテル 東門⇒台北 MRT淡水信義線
松山空港 ホテル14時20分⇒空港15時 タクシー利用(約30分)
16時45分離陸

以上が台北駅徒歩圏内のホテルに宿泊した初めての台湾での行程です。

やはり、疲れもあってちょっと参考にならない行程になっていますね。(-_-;)

ただ、初めてという事で定番の観光地はちりばめた内容になっています。

ノスタルジックな九份

善導寺駅エリア(シェラトングランデ台北)

1日目 羽田空港 9時30分離陸 台湾松山空港 12時30分着陸

ホテル 空港13時10分⇒ホテル13時40分 タクシー利用(約30分)
鼎泰豊SOGO(昼食) 善導寺14時⇒忠孝復興14時15分 MRT板南線
ホテル 忠孝復興15時⇒善導寺15時15分
九份 ホテル15時30分⇒九份16時10分 タクシー利用(約40分)
提灯点灯の九份散策
ホテル 九份18時30分⇒ホテル19時30分
ホテルチェックイン、休憩
寧夏夜市 善導寺20時⇒台北(淡水信義線乗換)⇒中山20時30分
台北駅散策 中山22時⇒台北(淡水信義線)
ホテル 台北⇒善導寺(板南線) 23時

善導寺駅は台北駅から一駅で、歩いても行き来出来る距離です。

台北から一駅離れるだけで、少し落ち着いた雰囲気に感じます。

2日目 朝食は歩いて有名行列店に

阜杭豆漿 ホテル7時50分⇒阜杭豆漿8時 徒歩(約5分)
龍山寺 善導寺8時30分⇒龍山寺8時45分 MRT板南線
龍山寺周辺散策 9~10時
西門・食べ歩き 龍山寺10時⇒西門10時10分 MRT板南線
思慕昔(かき氷) 西門11時⇒中世記念堂 MRT松山新店線
中正紀念堂⇒東門駅 MRT淡水信義線
永康街散策 12~13時
金鶏園(昼食) 13時~14時
油化街散策 東門⇒中世記念堂(松山新店線乗換)⇒北門
台北101 北門⇒中正紀念堂(淡水信義線乗換)⇒台北101 17時
台北101展望台 18時~19時30分
饒河街夜市 台北101⇒大安(文湖線乗換)
大安⇒南京復興(松山新店線乗換)⇒松山 20時~
ホテル 松山⇒西門(板南線乗換)⇒善導寺 22時

善導寺駅エリアのホテルに宿泊した場合の最大のメリットは、やはり常に行列が出来る

有名店「阜杭豆漿」へ歩いて行けるところですね。

3日目 ホテルのビュッフェで朝食

国立故宮博物院 善導寺8時⇒台北(淡水信義線乗換)⇒士林 タクシー利用
博物院内(昼食) 11~12時
台北駅内散策 タクシー利用 士林⇒台北(淡水信義線)
ホテル 台北⇒善導寺 MRT板南線
松山空港 ホテル14時20分⇒空港15時 タクシー利用(約30分)
16時45分離陸

善導寺は台北駅ほど騒がしくなく、それでいて観光拠点としても便利な場所でした。

阜杭豆漿はいつも行列です

雙連駅エリア(アンバサダーホテル台北)

1日目 羽田空港 10時05分離陸 台湾松山空港 12時30分着陸

北投温泉街 15時~16時
淡水散策 新北投⇒北投(淡水信義線乗換)⇒淡水
17時~18時
寧夏夜市 淡水⇒雙連 MRT淡水信義線 徒歩(約10分)
ホテル 22時 徒歩(約15分)

淡水方面は台北市内からも近く、初日の観光には便利です。

雙連駅エリア宿泊のメリットは寧夏夜市が徒歩圏内というところでしょう。

2日目 朝食は徒歩で有名店に

世界豆漿大王(朝食) 8時 徒歩(約5分)
雙連朝市 9時 徒歩(約10分)
龍山寺散策 雙連⇒台北(板南線乗換)⇒龍山寺 10時
西門散策 龍山寺⇒西門 MRT板南線
台北101(昼食) 西門⇒中正紀念堂 MRT松山新店線
中正紀念堂⇒台北101 MRT淡水信義線 11時
誠品書店 台北101⇒大安(文湖線乗換)⇒忠孝復興
忠孝復興⇒市政府 MRT板南線 15~17時
台北駅周辺散策 市政府⇒台北 MRT板南線  17時30分~
鼎泰豊SOGO(夕食) 台北⇒忠孝復興 MRT板南線 20時~
ホテル 忠孝復興⇒台北(淡水信義線乗換)⇒雙連 22時

雙連駅は、寧夏夜市だけでなく雙連朝市も徒歩圏内です。

朝も夜も、市場に歩いて行けるのは気楽ですね。

3日 ホテルのビュッフェで朝食

衛兵交代式見学 11時~
鼎泰豊本店(昼食) 中正紀念堂⇒東門 MRT淡水信義線 12時~
ホテル 東門⇒雙連 MRT淡水信義線 13時30分
松山空港 ホテル⇒空港14時 タクシー利用(約30分)
微熱山丘 徒歩(約15分) パイナップルケーキ購入
松山空港 徒歩(約15分) 15時
16時45分離陸

中正紀念堂の衛兵交代式は1時間おきに行われますので、時間を間違うとまた1時間待たなくてはいけませんので遅れずに。

雙連駅もとても便利でした。シェラトンはものすごく駅近というわけではありませんでしたが、朝市と夜市が徒歩圏内というのはポイントが高いです。

衛兵交代式は厳かです

以上、3つの駅での私達の行程表をご紹介しました。

恥ずかしながら実際のお手製の行程表です

行程表にとらわれすぎないようにしましょう!

今まで、行程表の準備が大事とお話しておきながら、矛盾するみたいですね。

でも、行程表はあくまでも予定です。

当日の天候や、体調、あるいは現地で良さそうなお店や場所が見つかるかもしれません。

私達も、当日ホテルの部屋で急に奥さんや娘があそこに行きたい!と急遽予定を変更する事もありました。

なので、そのあたりは臨機応変に対応するほうが楽しいと思います。

行程表を軸に、言い換えれば「保険」にして、柔軟にブラッシュアップしていくのがいいでしょう。

私なんかも反省することがあるのですが、予定を作った方としてはどうしても、そのプラン通りに進めたくなるんです。(-_-;)

そうなると、予定ありき、といますか、予定に縛られる旅行になってしまいます。

それでは楽しくありませんよね。

予定はあくまでも予定、だけど旅行のベースとなる大切なものです。

そのあたりは、バランスよく考えればいいと思います。

初めての海外個人旅行には台湾はぴったりです!

旅行雑誌や、おしゃれな旅行ブログに書いてあるようなモデルコースと比べると随分、もっさりした行程表だと自分でも思います。(笑)

それでも、私達は十分台湾を楽しめています。

それくらい台湾という国は、旅行者にとってはとっつきやすく、また懐が深い国だと感じています。

交通インフラがすごく整備されていますので、空港に到着してからホテルや有名な観光地にもアクセスが本当に良いです。

団体ツアーではなく個人で自由気ままに旅したい、という方にはもってこいだと思いますよ。

まあ、今回の記事はこんな予定で行った人もいるのか、程度に見てもらえれば結構です。

それでは、ぜひ良い旅行日程をお作り下さい!

Expedia(エクスペディア)

ABOUT ME
natsu
まるで定年後のように突然、海外旅行に行きだした家族のブログです。今はアジアオンリーですが、そのうちヨーロッパをゆっくり旅したいと思っていますが・・ いろんな事を思いついたら書いていきます!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です